心理学

実用面にも役立つ人気の資格

心理学は、多くの通信教育サービス企業で開講している人気の講座となっています。

大学などで心理学を学ぶ場合と異なり、通信講座などで学習をする心理学の場合学術的な部分よりも現実で役立つ実務面が多く取り上げられます。

そのため周囲との人間関係や自分の性格などについて悩む人にとっては、現在の生活に直接役に立つ知識を身につけることができます。

またそうした通信講座では受講をしたあとには「心理カウンセラー」や「スクールカウンセラー」といった今注目の資格を取得することができるようになっているので、就職先を探すときにもそのまま活かしていくことができます。

人との関わりが好きで、自分の経験などを活かして他人を助けるための仕事をしていきたいと考える人にとってはまさにおすすめの講座です。

また福祉や介護関連の仕事をしたいと思っている人や、これからそちらの方面に進みたいと思っている人にとっても心理学を学んでおくことは直接的にも間接的にも大変有効となります。

心理学講座の種類など

心理学に関連する通信講座は大変種類が多く、初めて心理学を学ぶという人にとってはどれから選べばよいかがよくわからないということもあります。

心理学といってもその種類や学べることは非常に幅広いジャンルとなっているので、まずはいくつかの講座を比較をして実際にどういった内容のことが学べるかを詳しく調べてみるのがよいでしょう。

通信講座会社をいくつか比較してもよいですし、同じ企業の中にも複数の講座があったりします。

ほとんどの通信講座では「初心者向け」といった最初に導入しやすい講座が用意してあるので、まずはそこで基本を学んでみるのがおすすめです。

趣味として気軽に学ぶことができる講座の他に、実際に就職先として有効に利用をしていくことができる便利な資格向け講座もあるので、もし職業として心理学を選択したいと思っているような人は基本から段階を追って受講をしていくのがよい方法になります。

カウンセラー資格の活かし方

心理学に関する講座を受講すると、最終的に何らかの資格試験を受けることができたり、その通信講座独自の認定を受けることができたりします。

現在のところ心理カウンセラーに関する資格は日本国内には民間資格のみとなっており、カウンセラー職に就くために絶対に必要というようなものはありません。

しかしそれだけに資格を取得さえすればそれだけで就職に有利になったりするというわけではないので注意が必要です。

心理カウンセラーとしての資格にもいくつか種類があるので、その中でも業界内で知名度があったり、就職実績が多いものを中心に選んでいきましょう。

カウンセラーとなるためにはひとつのジャンルだけ資格を得るだけでは不十分であり、さまざまな側面から心理学を学びつつ、経験を積んでいくことが大切になります。