ファッション

女性に人気のファッション業界

ファッション・アパレル業界は女性を中心に大変人気のある分野です。

ただ実際の求人を見てみると、正社員としての勤務先はそれほど多くなくほとんどがアルバイトとして販売員として業務を行うものが大半となっています。

ファッション関連の企業のほとんどはそうした販売員アルバイトからスタートした人員がキャリアを積みながら昇進をしていくという体制をとっていますが、なかなかそこまで登って行くのは大変なことです。

そこでこれからファッションやアパレル関連で働きたいという人には、まずはそれぞれの業務に必要な資格を取得しそこから業界に関わりをもっていくようにするというのがおすすめになります。

ファッション関連の資格の種類

ファッションに関する資格・技能としていくつか挙げていくと、「ファッションコーディネーター」や「ファッションデザイナー」「スタイリスト」といったファッションそのものを企画・発信していくような種類のものと、「ファッション・ビジネス」や「ファッションプレス」といったようなファッションを使った企業運営をしていくための技術を磨くものとがあります。

また現在あまりに日本国内では多い産業ではありませんが、ファッションの現物を製作するための「ソーイング」や「和裁」といったものもスクールで学ぶことができます。

アパレル関連企業には企画・デザインに始まり、製作や運営、販売、広告など非常に広い裾野があるのでそれらのうちのどこに自分の興味があるかを考えて学ぶ資格を選んでいくとよいでしょう。

またファッションに関しての資格は現在のところ全て民間資格となっており、それがなければ行うことができないような国家資格はありません。

最終的には自分のセンスが大事

ファッションについて学ぶことができる資格やスクールは数多くありますが、それらはあくまでも技術を教えるところでありそこで技術を得たからといってすぐに業務に役立つというわけではありません。

デザインやスタイリストといった業務においては本人のセンスや業務に必要な能力がそのあとの仕事を決めていきます。

どの方面に進むにしても、それを職業としていくためにはかなりの競争を勝ち抜いていかなくてはいけないという覚悟は持っておくべきと言えます。