☆週末はおけいこ☆

簿記

簿記とは

簿記について案内していますが、簿記とは帳簿を付ける際に必要となる技能のことを言います。

何気なく付けている簿記というのは、自分で決めたルールに沿って付けているものなので、誰でも簡単に簿記のような行為は行えます。
ですが、仕事として簿記を付ける場合には、簿記そのもののルールを知っていないといけません。
そのため、経理などの人員を募集する際は、簿記検定の合格者(資格取得者)を積極的に募集しているのです。

ちなみに、今では資格取得を支援してくれるサービスがネットなどにも存在しますので、そちらから簿記検定に関するサービスを購入されると、簿記検定3級、2級を取得できるようになっています。
簿記検定は意外と簡単に取得できるようになっていますが、だからといって独学で簿記検定試験に合格するか・・・というと、そうでもないので注意してください。
というのも、年々と簿記検定試験は難易度が上がっています。

簿記検定用の学習が行えるサービスであれば、簿記検定試験向きの学習セットを渡してもらえるため、簿記検定試験に対して強気で挑めるようになります。
しかし個人では、そのような調子でいられないこともあります。
というのも、簿記検定の厄介なところはなんといっても範囲が広いところです。
なので、簿記検定試験に自信がない人ほど、ネットを介して簿記検定用の知識を得たほうが賢明でしょう。

簿記のニーズ

簿記を有していると就職の際に強いと案内しました。
また、意外と簡単に取得できる資格という案内もしましたので、簿記のニーズは低いのでは?と思ってしまう人もいるかと存じます。

ですが、簿記は企業だけでなく個人経営者も必要としている資格のため、中々、求人の数が減るということもありません。
というのも、昔は多くの人が就職を意識して簿記の資格を有していたのですが、今では昔よりも減ってきている状況だからです。
特に簿記2級にもなると、3級とは比較にならないほどの厚遇で採用されるケースまであります。

やはり、事務所などでは重要な立ち位置となる有資格者でもあるので、簿記のニーズは下がりにくいのでしょう。
近年では、高齢化社会ということもあり若い人員の確保を急いでいる大手も増えてきました。
派遣であっても給与の高い派遣先が増えてきておりますので、過去に簿記を取得したことがあるという人も、チャンスをものにするために応募されてみてはどうでしょう。
せっかくの資格なので、活かさないで寝かしておく・・・というのはもったいないかと思います。

ちなみに、簿記は3級から評価されますので、2級以外は評価されないというわけでもありません。
経理の基礎がわかっている人物として、強気の応募をされても問題無いでしょう。