☆週末はおけいこ☆

日舞

女性らしさが身につく

日舞とは、日本舞踊のことで今でも人気の高い習い事として有名です。
そもそも現代社会に舞なんて必要ないと思っている人は多くいそうですが、近年では漢字をはじめとして日本の古い文化が見直されつつあるのです。

その影響もあり、料理教室でも甘味処で知られるような和風料理が人気を集めています。
日舞の場合、女性としての物腰であり魅力を学ぶために通っている人が多いということで、若い女性だけでなく中年以上の女性からも高く評価されるようになったのです。

日舞を学んだ際のメリットですが、女性としての物腰だけでなく着物を着れるという点にあると語っている人が多いです。
着物は以前から人気は高かったのですが、どうしても価格が高くなってしまうので尻込みされている女性が多かったのです。
ですが、今では一着5000円からで購入が可能となっています。
また、着物を着る機会なんてそんなにないのでは?という考え方もあるのですが、最近では着物を生活の中でも着られている人も増えてきました。

影響に関しては諸説あるのですが、一番大きな影響はドラマ(大河ドラマなど)によって影響された女性が多いからでしょう。
数年以上前から大奥のような作品を目にする機会は増えていますし、何よりも大人の女性として身に付けたい技能の1つとして有名なため、高い月謝を払ってでも学ばれている人が多い状況なのです。

月謝はそれほど高くない

月謝についてですがピンキリだと思っておきましょう。
教える先生が有名な方であれば10万円は超えます。
ですが、一般的なスキルを学べる程度の教室であれば、先生がどのような方であっても3万円~7万円の範囲で済みます。

それと、日舞というと着付けなどを習う際に、厳しいことを言われるという悩みが多いのですが、実際そのような対応をしている教室はほとんどありません。
というのも、着物の初級というのは簡単に着付けが行える、ワンタッチの着物からスタートするからです。
今ではパッチンとシート部分を止めるようにするだけで、着物が着用できる時代になっています。
そのため、着物の着用というだけで大変な思いをすることも減ってきていますし、習い事についても主に日舞に関する舞だけとなっているので、着付けばかりを習うわけでもありません。

高価な着物を着ない

最後に着物についてですが、5000円程度で簡単な着物であれば購入可能です。
また、このような着物のほうが教室の練習でも不自由がありません。

というのも、日舞はかなり汗をかく運動になりやすいからです。
着物がしっかりとしているほどジットリとぬれてしまうので、可能であれば安い着物をトレーニング用に一枚購入しておいたほうが良いでしょう。

Comments are closed.