☆週末はおけいこ☆

イラスト教室

収入増に期待が高まる

イラスト教室に通っている人が近年では増えてきています。
昔はイラスト教室というと、完全に趣味の世界に没頭している人が通っていました。

ですが、今では職業に直結しているスクールとして注目が集まっているのです。
例えば、パソコンを活かした技能が参考となるでしょう。
有名なイラストツールでは、Photoshop(フォトショップ)、Illustrator(イラストレーター)があります。
これらのソフトはパソコンにインストールさせて用いるソフトなのですが、肝心の使い道に関しては不明な場合が多いです。

ソフトを購入しただけでは高機能過ぎるため、どのように利用すればいいのかが分からなくなるのです。
ですが、イラスト教室では実践レベルで用いられるようにレッスンを行ってくれます。
実際にイラスト教室を探してみると、大きく分けて2つあることがわかりますが、多くの人が受けているのは「WEB技術者」になりたい人が受講しているレッスンです。

先ほどアドビ社製のソフトを2つ紹介させていただきましたが、これらはプロとしてイラストをWEBなどで用いる場合に必要となるソフトです。
WEBライターやWEBデザイナーとして求人を探してみると良く見つかるのですが、基本的にこれらのソフトを利用したことがない人は、求人上では募集対象にならないと明記されています。

また、これらのソフトを上手に用いられるようになると、将来的には独立して活動を続けることまでできるのです。
年齢では30代~40代にかけて人気のあるイラスト教室ですが、やはり収入増を期待してレッスンを受けている人が多いのでしょう。

イラストとペンは別物

上手に解説していないイラスト教室の紹介サイトでは、イラストとペンを同じように紹介しているサイトが多いです。
ですが、完全に別物なので注意してください。

イラストというのはイラストレーター(WEB技術者)としての活動を支援しているレッスンで、ペンは趣味程度を支援しているレッスンです。
イラストを受講されている場合、実践レベルにまで上達できるチャンスがあるのですが、ペンの場合は最低限の習い事を終えた後はそこでレッスンが終了となります。
ペンの場合、ハガキなどに描き込む絵などの上達を見込んでレッスンを受けている人が多いので、基本的に職業上で必要となるスキルが学べるわけではありません。

最後に受講料についても案内しておきますが、受講料は20万円~40万円ほどです。
長期間のコースは用意されていませんので、もし、将来的にプロとして活動を計画されている人は、教室で学ぶのではなく、専門学校で専門技術を学ばれたほうが良いでしょう。

Comments are closed.