演劇

キッズ用の演劇

演劇のレッスンというと、大人向けのレッスンだと思われているところがあります。
ですが、丁度5:5のような割合でキッズ向け、大人向けの演劇レッスンが存在するため、どちらか一方に向けたレッスンではありません。

キッズ用の演劇レッスンは、基本的にボイストレーニングを重点的に行います。
演劇というと、笑ったり怒ったり泣いたりといったレッスンが多いのでは?と思われていますが、キッズ用の演劇レッスンではそのようなトレーニングをあまり行わないのです。

その理由ですが、現代社会ではあまり自分の喜怒哀楽を上手に表現できる子どもがいません。
正確には、知らない大人(教えてくれる大人の男性、女性)に対して尻込みしてしまう子どもが多いのです。
なので、キッズ用の演劇レッスンではボイストレーニングを通じて、その子どもの良いところを伸ばすためのレッスンが良く開催されています。

また激しい運動などはまったくありません。
大半の演劇レッスンでは、体力を必要としないところも魅力的に感じている人が多いようです。

大人用の演劇

大人用の演劇レッスンはキッズ向けとはまったく違います。
ミュージカルのような芝居を行うこともありますし、声量を上げるためのボイストレーニングもあります。

また、キッズ向けと大きく違っているのはボイストレーニングだけではありません。
なんと、実際に演劇の世界で活躍している人の話を聞けるのです。
演劇の世界というと宝塚、もしくは国内で劇を披露されているプロの方々を想像されるかと思いますが、正確には演劇などを通じて出会うプロの方にレッスンを受けられるという内容になっています。

このような方々が、今日ではプロの方々を育成しました。
ですが、日常では会う機会もありませんので、このようなレッスンをわざわざ受けて出会おうとされる人もおられるのです。
大人用の演劇レッスンでは、実際に自分で役を演じるだけでなく、企画の立ち上げ方についても学べますので、演劇の世界の裏ではどのようなことが行われているのかも学べます。

演劇はダイエットにも良い

演劇レッスンですが、子どもの場合は入会金が1万円程度、毎回のレッスンで3000円程度がかかるようになっています。
大人の場合、受講料として毎月の月謝が3万円以上で設定されていますが、実は子ども演劇レッスンと費用は大きく変わりません。

ただ、結構お金のかかるレッスンのはずですが、ダイエットにも効果的ということで評価されているレッスンでもあります。
声を良く出す数少ないレッスンのため、人によっては日頃のストレス解消にも大きな効果があると評価しているのです。
踊りなども一緒に学ぶようになっているため、スリムな体型を作る際にも効果的とされています。