☆週末はおけいこ☆

料理

習い事の中でも特に女性に人気が高いのが料理関連のものです。
料理教室は都市部・地方にかかわらず、人の集まりやすい街の中に必ずと言ってよいほど存在している習い事です。
料理教室といっても種類は様々で、料理そのものをゼロから始めるという人のための初心者教室から、本格的な料理を身につけるために通う和食、西洋料理(フランス・イタリア・スペインなど)、中華料理などさまざまなジャンルの中から選ぶことができます。

料理教室の中には、ワインの知識を知るためのワインスクールと同時に開催されるようなものや、作った食事を味わいながらテーブルマナーの基本を学ぶことができるマナースクールと一緒になっているような独自色のあるものも多く、かなり広い選択幅のなかから好きなものを選ぶことができるようになっています。

若い女性の場合は花嫁修業を意識して料理教室を選ぶということも多いようです。
これから婚活をしたいと思っているような人の場合などは、パーティーなどで「料理が得意です」とアピールすることで大きなポイントアップにすることができます。
また既に結婚を意識してお付き合いをしている男性がいる場合にも、料理教室に通って結婚後家庭内で自炊ができるようにしておけば家系の節約になりますし、一家の健康維持を管理するということもできやすくなります。

女性のたしなみとして

面白いのが、こうした料理教室に通う若い女性が必ずしも自分の意思で通っているというわけではないという点です。
現在40~50代の母親が、娘の結婚が視野に入ってきたときにほとんど全く料理らしいことができないということがわかって慌てて通わせるというケースがあるということです。
本来料理は家庭内のお手伝いを通してなんとなく身についているはずのもの、というイメージもあるので、20代を過ぎて全く料理ができないということは親としても教育を疎かにしてきたというふうに見られることもあるためです。
いずれにしても料理は自分で作れるようになることで全く損のない、プラス面ばかりの習い事なので広い世代の人が習うということはかなりよい傾向であると言えます。

料理教室を選ぶときには、最初からいきなりハードルを高くしない方がよいでしょう。
既に自炊をして簡単なものならすぐに作れるという自信がある人も、あえてワンランク下の料理教室に通い直してみることで、自己流でやってきたことをきちんと勉強しなおすことができます。
一見簡単そうな料理もきちんと先生について習ってみると意外に奥が深いということに気づいたりもするので、もしこれから始めるなら基礎からしっかり勉強できるコースを選ぶことをおすすめします。